X68030


1.特長

X68000シリーズの最終機種です。MPUとして初めてMC68EC030が搭載されました。ただ、G/Aの大半は従来機のものが使いまわされメインメモリ領域のみが32bitアクセスという悲しい側面も備えていました(開発費の圧縮が主要因でしょう)。それでも互換性向上の為にROM Humanを搭載したり、MPUをMC68030に交換できたりとそれなりに楽しめる仕様になっていました。これ以降新機種のリリースはなく、一部のパワーユーザがMPUアクセラレータ等を開発していきます。

2.電源・基板の電解コンデンサとバックアップ電池交換

3.システム拡張

3.1.メモリ増設

SX-WindowV3.1には標準搭載の4GBでは少々窮屈な為、専用スロットにメモリを増設します。標準の4MBに8MB増設して最大容量12MBまで増設します。

3-2.SCSI-HDDの増設

HDDを内蔵します。状態の良い小容量のSCSI-HDDを入手することが困難な為、私は通常クラシックPC救済委員会様が製作されている「変換番長CF SASI/SCSI変換」使いますがX68030の場合は2.5→3.5インチSCSIコネクタの変換ケーブルを作るのが面倒という情けない理由でCF-PowerMonsterを使っています。画像では4GBのCFを搭載していますがformat.exeが容量を正しく認識できなかったので1GBの物を搭載しました。

《参考1》CF-PowerMonsterにはバージョンがあるようで、新しいものはもしかしたらX680x0では利用できないかもしれません。

まだ、細かく見ていませんがFORMATが正常にできないように見えます。個体差かもしれませんが共有しておきます。

《参考2》クラシックPC救済委員会」様が製作されている「変換番長CF SASI/SCSI変換」は使用するモードの関係で満開製作所のmach2では利用できません。

3-3.MPUアクセラレータの増設

X68030用MPUアクセラレータ「060Turbo」を増設します。MPUがそこそこ熱くなるため、ファンをつけることとしました。

4.ソフトウェアの設定

■SUSIEはお約束

MOやCDを接続する場合はSUSIEを組み込むことをお勧めします。

例:DEVICE=A:\SYS\、SUSIE.X -ID5 M:

  ※ID→SCSI-ID 「M:」はご想像の通り、ドライブ名です。

■MO(640MB)の接続

MO接続の際、230MBまでは特に意識しなくてもつながりますが640MBのMOを接続する場合はconfig.sysの「BUFFERS=○○」の数値を大きめに設定してあげる必要があります。参考まであさヤンTOWNのぺけろくは「BUFFERS=40 2048」にしています。