PC-100(PC-10030)


NECからPC-98と時を同じく(正確にはちょっと後)に登場した16bitパソコンです。

バリエーションはモデル10~30に加えSTというタイプを加えて計4機種を確認しています(ちなみに型番が面白くてモデル10~モデル30はPC-10010~PC-10030なのにSTはPC-100STといった具合に大らかな採番がされています)。

1.PC-100について

1-1.フロントマスク

搭載するFDDによりフロントマスクの印象がかなり印象が異なります。FDDはモデル30がTEAC製:FD-55B-06-U、とモデル10、20は松下製:JA-551を搭載しています。

モデル30

※2DD換装の為、標準とベゼル色が異なります

モデル20


1-2.背面

背面にはRS-232C、プリンタ、RGBと拡張スロットが3スロットあります。1スロットにはカラーボードが入ることが前提の為、実質利用可能なスロットは2スロットになります。カバーをとるともう1スロットありますが漢字ROMが刺さっています。RAMも追加したいしHDDも内蔵したい、FM音源も必要・・・とスロットが足りないのが悩みです。


1-3.キーボードとマウス

キーボードの外観はPC-8801MKIIとほぼ同じです。本体を入手する前はPC-88のキーボードが使えるのではないかと思いましたがモールドだけの流用のようです。

1-4.マザーボード

マザーボードはTEAC製FDDを搭載したモデル30用と、松下製FDDを搭載したモデル20用の2種類を確認しています。正確いうとモデル30のマザーボードはモデル20をベースにTEACのFDDを利用できるように改造されています。この他西武経由で販売されたモデル(ST?)の計3種類存在しているようです。

モデル30

モデル20


1-5.未整理


2.コンデンサ交換

2-1.電源

お約束の電解コンデンサを交換します。PC-100の電源はX68000のような4級塩の電解コンデンサは使用していませんが経年で液漏れを起こしていることも少なくありませんので交換します。

PC-100電源ボードコンデンサ一覧(独自調べ、各自自分の環境に適用の際は再確認の事)

 № 容量 電圧 備考
C07  470uF 200V  
C08  470uF 200V  
C17  22uF 50V  
C18  10uF 50V  
C19  47uF 35V  
C20  47uF 25V  
C23  470uF 25V  
C25  10uF 50V  
 № 容量 電圧 備考
C29  100uF 35V  
C30  10uF 50V  
C34  2200uF 10V  
C35  2200uF 10V  
C36  2200uF 10V  
C41  10uF 50V  
C705  1uF 50V  

2-2.マザーボード

電解コンデンサとタンタルコンデンサを電解コンデンサに交換します。タンタルコンデンサは電解コンデンサのような液漏れの心配はありません。最低電解コンデンサは交換します。

PC-100マザーボードコンデンサ一覧(独自調べ、各自自分の環境に適用の際は再確認の事)

 № 容量 電圧 備考
C105  10uF 16V  タンタル
C109  10uF 16V  タンタル
C110  10uF 16V  タンタル
C111  10uF 16V  タンタル
C112  22uF 25V  タンタル
C113  22uF 25V  タンタル
C114  22uF 25V  タンタル
C115  22uF 25V  タンタル
 № 容量 電圧 備考
C116  22uF 16V  タンタル
C117  22uF 16V  タンタル
C118  10uF 16V  タンタル
C119  10uF 16V  タンタル
C120  10uF 16V  タンタル
C123  4.7uF 25V  電解
C124  10uF 16V  タンタル


3.動作の為の環境整備

3-1.RGB変換ケーブルの作成

PC-100のRGBコネクタは独自形状(D-SUB9PIN)の為、変換コネクタが必要です。)。

ピン 内容 純正Cの線色・備考
1  R
2  G
3  B
4  H-Sync
5  V-Sync
6  GND オレンジ
7  GND
8  GND
9 SENSE

黒(OPEN:横 L:縦)

※純正C=純正のRGBケーブル

RGB端子の9PINがディスプレイの縦横を検出する端子になっています。Lで縦モードになります(オープン時は横です)。


初代変換ケーブル

PC-100の本体側のコネクタ部分のパネルの縦幅が狭いために市販のコネクタにブーツをかぶせるとブーツが邪魔でコネクタが刺さりません。そこで写真のような中継コネクタを使用します(普通のパーツショップで売っています)。

二代目ケーブル

PC-100純正のRGBケーブルを使用した変換ケーブルです。RGBコネクタの変換の他、SENSE(縦横置き判別信号)を引き出しています。傾斜スイッチをつけることで液晶の回転に同期して画面の縦横を切り替えられます。



3-2.(インスタント)キーボードケーブルの制作

パソコン棚にPC-100を納めたくて長めのキーボードケーブルを作ろうと思ったのですがPC-100のキーボードは不思議がいっぱいです。ケーブルは両端、同じコネクタなのですがなぜかキーボードと本体ではコネクタが異なります(キー:ミニDIN6PIN、本体:同9PIN)。意味わかんないです。どうしようか悩んだのですがとっても簡単な方法がありました。

用意するのはPS/2ケーブルです。そのままではミニDIN9PINの方が刺さらないのですがオスコネクタの真ん中にあるプラスチックの出っ張り(ガイド)を小型のラジオペンチか何かで折ってしまってください。これだけで即席のキーボードケーブルが出来上がりです。


3-3.PC-98のバスマウスを活用する(変換ケーブルの作成)

PC-100のマウスとPC-98のマウスはコネクタ形状が異なるだけで変換コネクタを作れば流用が可能です。


4.フロッピーの強化

4-1.2DD化について

PC-100はハードウェア(搭載FDD除く)、BIOSやBOOTローダでは最初から2DDに対応しています。この為、標準のFD-55B-06-U(2DD)を2DDのFDDに換装し簡単な設定変更を実施する事で2DD化できます。

① 本体側の設定

 PC-100のFDは簡単な設定変更で2DD化が可能です。

  OFF ON
S1-1 2D  2DD
S1-2 FDD2台 FDD1台
S1-3  白黒  カラー
S1-4    

※2DD化したPC-100でも2DのFDは読み取れますがBOOTはできなくなるので2DDのシステムを作成しておく必要があります。

② 利用できるドライブと設定

 TheBasicで掲載されたときは松下のJA-561を推奨していましたが現在入手は困難です。そこで

 現在入手できる可能性があり、且つ利用可能なドライブを紹介します。

型番 メーカー 確認した設定等

 FD-55F-03-U

(FYD051)

TEAC   

(NEC)

 PC-9801Fから外したドライブでチェック。1ドライブの設定はそのままで可。2ドライブはDS1→DS2に切り替える。

MF353C-152MY

MITSUBISHI ELECTRIC

3.5インチ、動作は未確認だが入手した個体に内蔵されていたために使用可能と判断

4-2.2HDのFDDドライブを接続する

FDDボード「FDI-100」を使うには以下の2つのドライバとFORMATプログラムが必要な事がわかってきました。

・PC8881.SYS

・PC98H8.SYS

・FORMAT8.COM

本ボードのドライバは原則HDDが搭載されていることが原則でドライブはEからマッピングされるようです。前記を改造しHDDなしの場合にDドライブにマッピングするバージョンもあるようです。

以下、工事中

 


4-3.HDDを接続する

SASIベースのI/Fボードは純正1種、同人ハード2種の計3種類あることがわかっています。

しかしながら、ほとんど情報がありません。。

デバイスドライバとして

98H.SYS

が存在するようです。

 


5.カラーモードの設定

  カラーモード 白黒モード   
S3-1 ON OFF
S3-2 OFF ON
S3-3 ON OFF
S1-4 OFF  ON
  OFF ON
S1-1    
S1-2    
S1-3  白黒  カラー
S1-4    


6.ソフトウェアについて

6-1.OS

PC-100のMS-DOSは正式リリースおよび有志による独自移植を含めて複数バージョンがあります。

ソフトウェア バ―ジョン
 MS-DOS.SYS  2.01、2.11、3.1
IO.SYS 1.1、1.2、3.2
COMMAND.COM 2.10、2.11、2.11V、3.10

①MS-DOS2.01

製品バンドルのOSです。2Dで提供されていますがやはり少々窮屈です。

②MS-DOS3.1

パワーユーザによる移植物です。現状はまだ詳細は不明です。


6-2.GAME

LODE RUNNER

N-100BASICのフォルダに「GAME.EXE」の名前で入っています。



7.オプションボード

PC-100の拡張ボードです。他機種は博物館でご紹介していますがPC-100は不明な点が多く、しばらくはN地区内で管理します。

7-1.純正オプション

①カラーボード:PC-10000-03

②256KB増設RAM:PC-10000-05


7-2.増設プロセッサ

③i8087

④i8089


7-3.同人・サードパーティ製オプション

⑤漢字ROMボード:MK-100-01

「マイコンショップ北九州」製のJIS第2水準搭載漢字ROMボードです。

⑥SCSI+RAM:YAMAHA-SCSIBOARDⅢ

PC-100のSCSI+RAMの複合ボードです。

SCSIコントローラはMB89352AP。

RAM部分には30PIN-SIMM(たぶん1MB×2)が刺さりますがバンク切り替えの仕様は現状不明です。SCSIについてはBOOT用のROMがないことから起動用には使えないと思います。


⑦フロッピーディスクI/Fボード

2DDまでは内蔵でできるので2HD用だと思われる。

 

⑧フロッピー+???ボード

入手したばかりでなんだか全く不明です。内蔵でFDDを2HD化することとSASIを1枚にまとめる為の作られた複合ボードと推測(妄想)していますが搭載のMB622148の仕様が不明の為に全く分かりません。